南極、サウスジョージア、フォークランド諸島探訪ツアー

南極大陸を訪れるには、まさしく地球の果てまで航海する必要があります。この探訪ツアーは1か月をかけて、伝説的な探検家、アーネスト・シャクルトンの精神に従い、彼の南極圏での足跡を巡るもので、レジデンスオーナーとゲストの皆様は荘厳で美しい自然環境を体験することができました。

探訪ツアーの専門家の案内に従って、アルゼンチンのウスアイアから出航し、無数のペンギンのコロニーを観察しながらドレーク海峡を航行した後、デセプション島の活火山のカルデラに船で侵入。そこでは、荒々しい形状の島々や棚氷の深い亀裂をZodiac号で勇敢に巡り、他では見ることのできない美しい景色や野生動物たちを前に、写真家たちは熱心にシャッターを切りました。その後、シャクルトン探検隊の足跡を辿り、彼らが救助を待ちながら4か月間過ごしたエレファント島や、サウスジョージアのグリトビケンにあるシャクルトンの墓を訪れました。フォークランド諸島周辺の暖かい気候が感じられるようになると、航海は終盤を迎え、アルゼンチンのプエルト・マドリンで終わりを告げます。参加者たち全員の溢れる冒険心は、極寒の寒さに負けることなく、この航海を前へ前へと進め、探訪ツアーを無事に終えることができました。この冒険は、今後何世代にもわたり語り継がれることでしょう。