スヴァールバル諸島探訪ツアー

生き残るのが厳しいほどの寒さに見舞われ、そして人間よりホッキョクグマの数の方が多いスヴァールバルは、体力のある旅行者がたまに訪れる程度で、手つかずの自然が残る北極の荒野にあります。13日間にわたる探訪ツアーでは、レジデンスオーナーとThe Worldのゲストの皆様は、野生の景観を堪能し、人間が居住する最北の地であるスヴァーバルのユニークな料理や文化を満喫しました。

すでに北極圏の内側に位置するトロムソの港から出航し、素晴らしい景色、出会い、そして体験を求めて、船をさらに北へと進めます。この探訪ツアーのために特別に選ばれた専門家のガイドの下、レジデンスオーナーとゲストの皆様は、地下奥深くにある歴史的な炭鉱を探検したり、カップリンネ島の険しい海岸線をハイキングしたりし、素晴らしい景色、そして海鳥や氷上の野生動物たちを写真に収めました。息を飲むようなフィヨルドと山々に囲まれたHotel Isfjord Radioでは、職人が作る地元料理と地元ビールをいただきました。ツアー参加者の多くは、犬ぞりに乗って内陸へと向かい、受賞歴もあるスヴァルバード博物館で地域の豊かな歴史について学んだり、朱色に染まる夜空の下氷河を散歩を楽しんだりしました。The Worldの素晴らしい航海のほんの一部ですが、一生の思い出となる素敵なツアーとなりました。